株式会社仲井玄米茶屋
会社案内
■スピーディな一貫システムで おいしさを逃がしません
丹念に焙煎された加工原料は、オートメーションラインによって、正確に計量されて素早くパッケージング。
ティーパック詰めから袋詰め、箱詰めに至るまで一貫した生産ラインでおいしさをカタチにしてゆきます。
箱詰めされた製品は、必要品種を必要量常時ストックするよう心掛けております。
管理室においては、製造ごとの徹底した品質管理を行っております。

仲井玄米茶屋 本社工場 
FSSC 22000認定工場/JAS認定工場 
各種ティーバッグおよびテトラティーバッグ加工工場

〒610-0311 京都府京田辺市草内上り立1番地
TEL.0774-62-0151 FAX. 0774-63-0714
仲井玄米茶屋 亀岡工場
FSSC 22000認定工場/ JAS認定工場 
粉体充填およびインスタントティー充填加工工場

〒621-0007 京都府亀岡市河原林町河原尻畑30-1
TEL.0771-24-4700 FAX. 0771-24-4711
検査室
検査項目
・一般生菌(BACcT法 ベトリフィルム)
・大腸菌・大腸菌群(BACcT法 ベトリフィルム)
・測色色差計(島津製作所 Color Meter ZE 2000)
・水分計(島津製作所 MOC-300)


会社概要
■商 号 株式会社 仲井玄米茶屋
代表者 代表取締役 野々村 薫
・本社 京都府京田辺市草内上り立1番地
 電話 0774-62-0151
 ファックス 0774-63-0714
・亀岡工場 京都府亀岡市河原林町河原尻畑30-1
 電話 0771-24-4700
 ファックス 0771-24-4711
■設 立 1949年(昭和24年)  
■資本金 20,000,000円  
■事業内容 緑茶、麦茶、健康茶、紅茶、インスタントティー、粉末緑茶の充填加工
■主要取引銀行 京都信用金庫、南都銀行、商工組合中央金庫
本社MAP
大きな地図で見る

会社沿革
1949年 仲井兵三により、焙煎メーカーとして創業
1963年 株式会社設立
1973年 ティーバッグ自動製造機((トパック)を導入
1990年 亀岡工場(焙煎工場)完成
1993年 亀岡工場は京都グレインシステム株式会社(KGS)として独立
1998年 テトラ型ティーパック製造機(不双産業)を導入
2001年 JAS工場認定取得(JONA JN010228PC)
2002年 ダブルチェンバー型ティーパック製造機(IMA C24)を導入
2003年 インスタントスティック充填機(三光機械)を導入
粉末茶スティック製造機(三光機械)を導入
2006年 亀岡工場をインスタントティー工場に改装(KGS焙煎工場は奈良に移転)
インスタントティー混合機(愛知電機)、給袋自動包装機(ゼネラルパッカー)を導入。
2012年 インスタントスティック自動集積ライン(フジキカイ)を導入
2015年 2015年10月26日 FSSC 22000認証取得

▲このページのTOPへ